【内科勤務医が語る】市中病院勤務医の勤務スケジュール:当直編【リアルナイトドクター】

スポンサーリンク
医者看護師夫婦からの後輩へのアドバイス
この記事は約12分で読めます。

こんにちわ。

masaです。今日は以前公開したブログ記事の延長で、「市中病院勤務医の勤務スケジュール:当直編」について記事にしていきます。masaが高校の同級生(他職種)と話をした時に「おまえまじか・・・」とどん引きされたため、「一般の人の理解はかなり違うんだな・・・」と印象に残ったのを覚えています。

そのため今日は一般の人が知っているようでしらない「当直」について話をしていきます。時間外労働?なにそれ?と言わんばかりの生活スタイルに驚くこと間違いなし。では見ていきましょうか。
では始めに、本日のまとめです。
「今日話す事」
・当直の考え方とはなにか
・当直と夜勤の違い
・当直明けの勤務パフォーマンス

「見て欲しい人」
・医者の勤務体系に興味がある人
・「当直」と聞いてイメージがわかない人
・医者になる前に心の準備をしたい医学生

「結論」
・【夜勤】と【当直】は似てるようで大きく違う
・連続40時間越えの勤務もあった
・当直明けで外来・手術をするのは普通にある。
スポンサーリンク

<今回の記事と関連がありそうな記事一覧>

市中病院・通常勤務編

 

 

そんな医者が結婚相手に望むこと

 

医者になる前、医学生について

 

では本題に行きましょう。

当直ってなぁに?

そもそも当直とは

医療業界の人以外には聞いた事ない単語ですよね?「当直」

 

ざっくり言ってしまえば、【時間外の急変・業務に備えて病院に泊まること】が主な業務になります。まずそもそも(もちろん勤務する病院にもよりますが)基本的に通常勤務は「8時30分〜17時15分」になります。その17時15分を回った後から、朝の8時30分を迎えるまでの15時間15分の間、他の医師が家に帰っている間病院の無事を守るのが「当直医」の役目になります。

主治医や担当医がいない夜間の時間の入院患者さんの急変や看護師からの相談、救急外来を受診した患者さんの診察・対応が主な仕事になってきます。

救急当直と病棟当直

さて、夜の時間働く業務が「当直」という話をしましたが、働き方は病院毎に違いがあります。

皆さんは一般的に夜の医者の仕事をイメージする時に、救急外来に急変して訪れた患者さんを見る仕事をイメージされると思いますがそれだけが当直ではありません

大きく分けると当直には2つの当直が存在します。1つめが救急当直、2つめが病棟当直。病院によって呼び方は様々ですが、前者が夜間の救急外来を担当するのに対し、後者は今入院している患者さんを守るのが仕事になります。病院の規模によっては両者を1人の医師がやっていることもあれば、前者の救急外来が細分化されて、内科の患者さんを見る「内科当直」と怪我や骨折を見る「外科当直」などに別れていることもありますね。

病院が大きければ大きいほど、救急指定病院であるほど複数の医師で夜の病院・外来の平和を守っていることが多いです。

 

masaが勤務している病院も3次救急指定病院なので、複数人の医師が協力して夜の平和を守っています。

単科当直と全科当直

また新しい単語ですが、その名の通り、「自分の科と思われる患者だけみればいい【単科】当直」と「救急外来or病棟にいる患者さん【全て】を見る【全科】当直」が存在します。とはいえ、基本的には市中病院を始めとする大多数の病院は1人の医師が幅広く見る【全科当直】のシステムになっているはずです。

 

理由は単純で、細分化すればするほど当直にいる医師の数が多くなってしまい、「医師の人件費が払えない」ためです。そのため元々たくさんの医者がいて、なおかつ各科独立しているくらいの規模である【大学病院】でない限りは【全科当直】になっているのが普通ですね。

masaの勤務している病院も規模は大きい方ですが、【全科当直】になっています。もちろん専門科の知識・技術が必要になればコンサルトをして引き継ぎますが、原則来た患者さんを全てみるのが基本になっていますね。

さて、ここまで【当直】という言葉について大まかに説明してきましたが、みなさん【夜勤】という言葉も同様に聞いた事がありませんか?これは看護師さんの勤務体系で良く使われます(奥さんが書いた看護師の勤務体系の記事はこちら)。

 

ただ【当直】と【夜勤】、似たような言葉なのですが、実際は大きく違います。ここが誤解されていることが多い(実際に働いている医療者サイドでも)ので、紹介していきますね。

当直と夜勤の違い

当直は原則「寝当直」、そうでなければ「夜勤」

一言で言えば副題の通りです。

 

当直は原則的に「寝当直」が想定されています。言葉の通り、担当の医師は家ではなく病院で「寝ている」だけで、働くことは想定されていません。

つまり、基本的に何も起こる事はないが、万が一なにかが起こったときに対応できるように、家では無く病院に待機する医者が1人居る必要があるため、その医師が「当直」という扱いで病院に泊まる。

 

これが本来の【当直】の意味になります。

 

どうでしょうか? 医者のみなさんからの「ふざけるな」という言葉が聞こえてくる様です。

 

もちろん病院によって患者さんが救急外来に来ることがなく、入院している患者さんの病気も落ち着いているのであれば「寝当直」がないわけではありません。が、基本的に市中病院で勤務している人達は「寝当直」なんてあり得ない、という環境で働いている人が多いのではないかと思います。

masaもその1人ですね。

では、僕らの様な働き方を本当はなんというのか、というとここで登場するのが【夜勤】なんですね。つまり、普通に【夜も勤務している】という形になるんですね。

この違い確認する意味がある?

 

と思った方。

あるんですよ。

次に詳しく見ていきますが、一言で言えば「明け」の勤務体系が変わります

看護師さんは【夜勤】

奥さんが書いてくれた記事でも紹介した通り、看護師さんの夜の勤務は【夜勤】扱いになります。これは看護師さんはきっちり時間での交代制が敷かれているからですね。

 

時間外になった瞬間に(厳密にはそんなにスムーズに移行は出来ないことも多いですが)夜勤担当(3交代なら準夜・深夜担当)に引き継ぎになります。そして、夜働いた看護師さんはその時間分の日勤分働いた扱いになります。

つまり、1回夜勤を働いた場合、通常日勤が約8時間の勤務に対し、夜勤は17:15-8:30の約15時間勤務する形になるため2日の日勤分働いた扱いになるわけです。これが、夜働くのがしんどくても乗り切れる理由ですね(by看護師妻より)。

実際昔はここまで厳密に勤務スケジュールは管理されていなかったそうなのですが、あまりにも看護師さんのブラック勤務が話題になった結果、きっちりと管理されるようになったんですね。

ざんねんなことに、本当に残念なことに「医者の交代性勤務はまだ先の様です」

テレビではナイトドクターが話題なのですが。

ここまでは一般的な話をしてきましたが、ここからやや具体的にmasaに特化した話をしていきましょう。

masaの当直明けの日の働き方は?

当直明けは「基本的には休み」になる、はず

先ほど話したとおり、夜の当直をすることで、masaは平日2日分追加で勤務する形になっている訳です。つまり、その日の朝から勤務していれば、24時間働くことで3日分勤務した扱いになりますね。労働基準法で定められている考え方で行けば、【明けの日】と【その次の日】がお休みになってそれでようやく帳消しになるわけです。

 ただ実際そうは上手くいきません。厳密には病院毎に決まりがあり、その病院が医者の当直を【夜勤】としているのか【当直】としているのかが問題になってきますが、ここではmasaの話をしていきますね。

【夜勤】扱いの場合:明け → 08:30に勤務終了

まずは【夜勤扱い】とした場合の当直明けについてです。先ほど話した様に【夜勤】はその日の朝から勤務していた場合、3日分の勤務を行った扱いになります。なので「基本的に」夜勤明けは帰ってもOKという扱いにmasaの病院はなっています。

とはいえ、担当患者さんの診察や検査チェック、カルテ記載や申し送りが終了してから帰宅、という流れが通常ですから、実際10時〜11時に帰宅する事が多いですね。

そして、次に【当直】扱いの場合について話をします。

と、いうのも今masaが勤務している病院は以前【当直】扱いだったのですが、今は【夜勤】扱いに変わったんですね。なので、少し前がどうだったか、という確認になります。

【当直】扱いの場合:明け → 通常勤務:寝当直のはずだから

こちらの方がわかりやすいですね(苦笑)。

 

当直、つまり「寝当直」で寝ていたのが病院になっただけだから、次の日も普通に勤務できるよね?という考え方ですね。もちろんぐっすり寝れているはずもなく、なんなら眠れていないこともざらにある【寝当直】ですから、かなり体を酷使している勤務になります。

それでも次の日はやめに帰ることは出来ない、という状況だったんですね。改善されて本当によかった。。。

masaが他業種の友達に話してどんびきされた勤務

これが他業種に努めている友達に話してどん引きされた勤務スケジュールです。

 

その日(X日)は朝から働いて勤務し、予定通り17:15分から救急外来の当直を行いました。もちろん患者さんがひっきりなしに訪れて眠る時間はなかなかとれず、それでも無事朝を迎えます(X+1日:この時点で24時間勤務)。とはいえ「寝当直」ということになっていますから、その次の日も通常通り勤務をし、夜を迎えます。20時にやっと帰れるかとおもったら病棟患者さんの急変があり対応をしていたら日付が変わって結局深夜1時に帰った、という日がありました(X+2日の1時に帰宅)。

字だけだとややこしいですよね?一言で言えば、連続41時間病院で勤務していた、という話ですね。まとめると下の様な感じです。

 

X日:日勤 → 当直に突入
X+1日:当直明けだがそのまま勤務、20時に帰ろうとしたが病棟患者急変
X+2日:日付が変わったのを確認して帰宅
もちろん入院患者の急変、というオプションは入りましたが、それでも明けの日の夜20時まで、なんてのはざらにありましたから、36時間勤務、なんてのは普通のイメージでしたね。

今となっては考えられなくなりつつありますが。

ここからは少し脱線しますが、当直明けの医師は使い物になるのか?という疑問に答えていきましょう。

当直明けの医師の能力は?

当直明けの医師の脳は飲酒後と一緒?

当直を経験した事のある方はわかると思うのですが(テスト前の一夜漬けを敢行した学生さんも同じですが)、徹夜明けって自分の頭が上手く働いていない感じが凄くしますよね?

これは実際検証されていて、徹夜明けの医師のパフォーマンスはほろ酔いのパフォーマンスと同じと言われています(参考論文はこちら:Dawson D, Reid K. Fatigue. alcohol and performance impairment. Nature. 1997 ;388:235.)

つまり、当直明けのお医者さんはちょっと一杯飲酒をしてきた人と同じ、ということですね。

 

で、結論使い物になるか、と言えば、もちろんパフォーマンスは落ちますが、いないよりはまし、という結論になります。つまり、病院に医者が潤沢にいる状態でなければ、そんな当直明けのお医者さんに働いてもらう他ない、ということですね。

はやく「使い物になる医者の数」が増えて欲しいと切実に願っております。。。

当直明けの医師が執刀するなんてのはざら

始めにいっておきますが、masaは当直明けの医者が診療、手術を行うことを推奨しているわけではないです。むしろそんなの撲滅されるべき、と思っています。

少し前に話題になった産婦人科医師の飲酒後の診療についても、そんなのないのが理想の世界であることなんて、医者をしている人はみんな思っています

でもそれでも現実はそう上手く行っていないんです。みなさんが「これが普通!」と思っている日本の医療は、「通常の勤務体系からは大きく逸脱した自己犠牲の下に成り立っているんだ」と知ってもらえればと思います。

実際に、飲酒後でない人に診療・手術をしてほしくないのは当然ですが、それをしないと命が危ない、となれば話が変わってきますよね?

他に手術を出来る人がいなくて、転院搬送できる病院もない。もちろん割り切れる話でもないのですが。

 事実、飲酒後、ではありませんが、当直明けの手術の執刀はmasaも研修医時代にしたことがあります。もちろん指導医の監督下で、逸脱した手技は行っていませんがそれくらい「当直明け=ほろ酔い状態の医師が診療・手術を行う」というのは、現在の社会ではありうる仕組みになっているんです。
 少しでもこの医療界の闇が今回の事件をきっかけに変わってくれることを祈って。

後書き

いかがでしたでしょうか。
少し話がずれてmasaの願いも含めてかきましたが、少しでも医者の勤務体系の闇、当直について理解を深めてもらえればと思います。そして、夜救急外来に受診される時に、少しでも医療者に優しくしてもらえれば嬉しいです。
では、最後にもういちど、本日のまとめです。
「今日話した事」
・当直の考え方とはなにか
・当直と夜勤の違い
・当直明けの勤務パフォーマンス

「見て欲しい人」
・医者の勤務体系に興味がある人
・「当直」と聞いてイメージがわかない人
・医者になる前に心の準備をしたい医学生

「結論」
・【夜勤】と【当直】は似てるようで大きく違う
・連続40時間越えの勤務もあった
・当直明けで外来・手術をするのは普通にある。
以上になります。
ではまた次回の更新でお会いしましょう。次は当直中にmasaが所持しているものなどをテーマに記事にしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました