内科勤務医が語る【結婚して得たもの、失った物】医者に特有の内容も!

スポンサーリンク
医者看護師夫婦からの後輩へのアドバイス
この記事は約10分で読めます。
masa
masa

こんにちわ。

今日は勤務医であるmasaの私生活についてお話しします。中でも今回のテーマは内科勤務医であるmasaが看護師の妻と結婚して得た物、そして失った物について記事にしていきます。

 

先に断っておきますが、結婚した事に関して後悔は全くしておりません。詳しいことは「結婚して得た物」の項目でお話ししますが、妻と出会えて結婚出来た事については微塵も後悔する事ではなくむしろ本当に嬉しい事です。
masa
masa

もう一度全く同じ自分に生まれ変わったとしても、また妻と出会って結婚出来ればいいな、と思っています。

 

ただ人間得るものがあれば失う物があるのも事実です。実際、今となっては妻と出会ってなければどんなmasaになっているかも想像出来ませんが、少なくとも結婚する前のmasaと比べて変わった物、つまり失った物についてまとめて見ました。

 

一般の方が結婚された場合に得るものや失う物と似ている部分もあるかも知れませんが、一部「医者」に特徴的な項目もあります。
つまり、少なからず結婚に踏み切った医師はその部分を許容するか、配偶者の方に理解を得て結婚しているはずなので、これから医師との結婚を夢見ている方は、「得るもの」の項目を与える上に、可能な限り相手の医師の方が「失うもの」が少なくなるように配慮するとアピールポイントになるかもしれません。

 

医者と結婚するためのアピールポイントについて直接知りたい方はこちらの記事が参考になるかもしれません。

 

【医者と結婚するための方法はこちら】

 

【内科勤務医が結婚生活で望む3つの事はこちら】

 

 

では始めに、本日のまとめです。
「今日話す事」
・内科勤務医が思う結婚して得た物と失った物

「見て欲しい人」
・これから結婚を控えている医師
・結婚を考えている他職種
・医師と結婚する方法を考えている方

「結論」
・masaは私生活の幸せが増え、食生活のGradeが上がった。
・医学の勉強という点だけで言えば一心不乱に医学に向き合うだけで良いわけではなくなった。
・人によってはキャリアに関わる問題なのでタイミングを考える必要あり。

 

では本編に入って行きましょう。

スポンサーリンク

内科勤務医が思う、結婚して得られた物・メリット

先に言っておきますが、得られた物・メリットについては自慢が多くなります。

 

masa
masa

何せ自慢の奥さんですから。えぇ、何度も言うと嘘みたいに聞こえますが、masaには不相応なくらい出来た奥さんですから(嘘じゃないよ!)。

 

なので前半戦は砂糖を吐くつもりで着いてきて下さいね。

メリット① かわいく優しい妻

もうね、これは言葉通りです。本当に心から、masaには不相応な、優しく可愛い妻です。率直に言って、masaの人生を振り返っても女性に恵まれた人生ではありませんでした。正直妻に出会うまでは、結婚しない人生だと思っていました。本当に、どうせ出会いもないし、人生を医学に捧げるつもりでいました。
妻と出会った時にも「かわいい人だなぁ・・・」と思っていたものの、自分には縁がない人だと思っていたので、実際病棟で初めて出会ってから、ご飯に行くまで1年近くかかっています。医学に真剣だったmasaの態度が好印象だった様なので、それは良かったのですが趣旨と違うのでまた別の話で。
とにかくmasaには十分すぎるほど、優しくてかわいい妻と隣にいられる権利を得られた事が、結婚の1つめのメリットです。

メリット② 生涯の伴侶、人生の理解者

これも1つめのメリットと似たような文章ですが、少し違います。1つめは純粋に可愛い女性が隣にいる、という点です。この2つめは少し違って、masaの行動や生活を支持し、弱音を吐いたりするときは支えてくれて、性格をなんだったらmasa自身より理解して、masaがきづいていない疲れを察して時に休むように苦言を呈してくれる

 

masa
masa

そんな人生の併走者として、共にいてくれる存在が家にいてくれることが本当にありがたいんです。

masaは父親が仕事の話を家に持ち込まない父親だったので、それにあこがれて家では仕事の愚痴や不満、弱音をはかないように仕様と考えていました。でも、やっぱりハードワークだったり、患者さんの死など、体と心が弱り切ってしまった時につい愚痴を言ってしまいます(個人情報は出しませんが)。そんな時にmasaの事を全肯定してくれる妻がいるだけでがんばれます
これがmasaが結婚して得たメリット2つめですね。

メリット③ 家での安らぎの時間、楽しいデートの時間

これは前回の記事でも書いたのですが。医者に限ってではないと思いますが、社会人で外で戦ってくる(勤務のこと)と、とてつもなく肩肘はりますし、疲れますよね
masa
masa

特に今はただでさえコロナコロナで、目に見えないウイルスとも戦わなければなりません。

それを考えると、家での安らぎの時間はちょー大事!もちろん「おれは家で1人で安らぎの時間も確保できるから結婚はいらぬ!」という強者にこの話は必要ありませんが(実際そういうタイプの先生もいます)、少なくともmasaは無理です。というか、masaはリラックスするのが苦手で、なんだったら外出するのも苦手なタイプです。妻が居てくれることで安らぐし、妻が行きたいという場所に一緒に行って過ごす時間がとても大切です。そういう1人では後回しにしてしまいがちな、でも大事な安らぎの時間・デートの時間をくれるのが結婚の3つめのメリットです。

 

メリット④ おいしいご飯、お弁当

今までとは少し変わって、俗世的な内容ですね。やっぱり人間ご飯は大事。食事にこだわりがなく、胃に入ってしまえば同じ、という方も居ますがやっぱり食べるならおいしいものが良いですよね。

 

さらに、人が作ってくれたご飯はそれだけでとてつもなくおいしく感じるものです。妻はmasaと結婚するまでは実家暮らしでほとんど料理をしたことがなかった(妻は否定していますが、妻の友達曰く米を洗剤で洗おうとしてたらしい笑)のですが、masaと同棲してから料理・お弁当を作ってくれるようになって、今では本当に料理上手なお母さんです。

 

妻を使っているように聞こえるかもしれませんが、お昼ご飯の準備や家に帰ってから夕食の準備をしなくて済むだけでかなり家事の負担はなくなります。(言い訳のように聞こえるかも知れませんが、時間があるときは皿洗いやご飯作りも手伝っていますからね)先輩の医師の中には「料理の心配をしなくてよくなるだけ結婚っていいものだよ!」と強調されている先生もいました(苦笑)

 

もちろん料理好きな男性もいるとは思いますが、それでも自分が料理に割く(事務的な)時間が浮くのはメリットかな、と思っています。


内科勤務医が思う、結婚して失った物・デメリット

ではここからは逆にmasaが結婚して失ったと思うもの、つまりデメリットについて話をしていきます。ただコレに関しては後悔は全くしていませんので誤解はしませんように。とはいえ、自分の取っていない選択をしている医師を見ると、もう一つの自分を見ているようで思うところはありますが。
では一つ一つ見ていきましょう。

デメリット① 1人の時間がなくなる

結局メリットと逆の事になるのですが。やっぱり自宅での1人の時間は完全になくなります。もちろん自分の部屋に入ってしまえば自分1人の時間になりますが、それでも24時間をフルで自分だけの時間として配分することは出来なくなってしまいます

 

具体的には、自分1人だったら勤務終わった後病院に残ってぎりぎりまで勉強して、帰ったら寝るだけ。朝起きてすぐに病院に行って朝ご飯を食べながらカルテをチェック。
そんなぎりぎりまで効率化を求めた生活は出来なくなってしまいます。なんだかんだ、結婚のデメリットはとにもかくにも「時間が無くなってしまう」に尽きるかも知れません。
これが結婚のデメリット1つめです。

デメリット② 医学勉強の優先順位が下がる

1つめのデメリットから派生した2つめ。これは医師ならではなのですが、どうしても医学勉強に割く時間の割合を、家事や育児・妻との会話に割かざるを得なくなります。もちろんそれが嫌、という訳では無く、同僚の未婚の医師と比べると勉強時間の確保に難渋してしまう、という事です。

 

これは医学が一生発達し続けていくであろうことを考えると、医学を仕事にする医師としてはデメリット、と言わざるを得ません。

実際、家庭をないがしろにして医者に全振り、病院にほぼ毎日泊まり込みをしている医者もいます。もちろんそんな医者になりたい!という訳ではありませんが、少し尊敬の中にうらやましいという思いがはいるのも事実です。

 

masa
masa

masaにはもうそんな道は選べませんからね。

デメリット③ 資産形成の自由度が落ちる

こちらはかなりmasaに特徴的な項目かもしれません。

 

masaは結婚する前から、主に日本株での資産運用を行ってきました。もちろんそれは今もかわっておらず、今となっては妻の理解も得たのでそこまでデメリットではないのかも知れませんが、それでもあまりにもリスクを取った資産運用を行うことが出来なくなりました。

 

極端な話、結婚する前であれば自分のお金なら0になるリスクを取ってでも何十倍にもなるように賭けることができましたが(そういうリスクが嫌いなタイプなのでそもそもしないかもしれませんが)、家族が出来た今はもちろんそんなことは出来ません。年齢が比較的若く、平均よりも恵まれた収入であるため比較的リスクを取った運用は出来ていますが、それでも0か100かの運用は行えないなぁ、と思います。この辺りは自分のお金を全て自分の好きには使えない、と言う点と同じかもしれません。



一般的に言われている結婚のメリット・デメリット

さてここまではmasaが思う結婚したメリット、デメリットについてお話ししてきましたが、ここで少し一般的に言われているメリット・デメリットを確認してみましょう。
得るもの:社会的な信用(ステータス)、安心感
失う物:自由な時間・自由なお金・冒険心
    休日・ドキドキ感・デート
いかがでしたでしょうか。

 

やっぱり基本的にはmasaの考える内容と変わりませんね。個人的には失う物に「デート・ドキドキ感」が入っているのが驚きでした。確かにドキドキというよりは落ち着きが出てきているかも知れません。でも「デート」に関しては結婚してからも出来るとおもうんですよね。なので、やっぱり失う物は「時間・お金・休日」が3大要素かも知れません。

後書き

いかがでしたでしょうか。
終始masaの妻へののろけが入り混んでしまっているブログ記事ですが、少しでも皆さんの助けになれば幸いです。結婚を悩んでいる医師の皆さんの背中を押す後押しになればそれがより良いです。
masa
masa

やっぱり、結婚っていいですよ!

最後に、本日のまとめです。
「今日話した事」
・内科勤務医が思う結婚して得た物と失った物

「見て欲しい人」
・これから結婚を控えている医師
・結婚を考えている他職種
・医師と結婚する方法を考えている方

「結論」
・masaは私生活の幸せが増え、食生活のGradeが上がった。
・医学の勉強という点だけで言えば一心不乱に医学に向き合うだけで良いわけではなくなった。
・人によってはキャリアに関わる問題なのでタイミングを考える必要あり。
以上になります。
ではまた次回の更新で。
2021/5/3 masa

コメント

タイトルとURLをコピーしました