【年間30万円を取り戻せ!】医者のポイント活動の勧め【まだ始めてないドクター必見】

スポンサーリンク
医者・看護師夫婦の資産運用
この記事は約5分で読めます。

こんにちわ。

今日も資産運用のお話しですが、今日の記事はお医者さんに特化した内容で、【医者のポイント活動】について記事にしていこうと思います。

Dr.F

【ポイント活動】ってこつこつ少ないお金を集めるんでしょ?めんどくさいよ!

という意見もあるかと思います。実際お医者さんは総じて忙しく、なおかつ当直や外来のバイトでお金を稼ぐことが出来るので、少額のために【ポイント活動】に回す時間が効率が悪い、と思うのはごもっともです。

 ただ、そんな、少し前のmasaと同じ疑問を持っている方に是非今日の記事は読んで頂きたい。最後にはmasaが記録に残してきた1年間(実際にはもう少し前からですが)の【ポイント活動】の成果もお伝えします。この記事では、出来る限りフラットな立場で【医者のポイント活動】についてご紹介しますね。

 

では始めに、本日のまとめです。
「今日話す事」
・【医者のポイント活動】のメリットデメリット
・おすすめのポイントサイト

「見て欲しい人」
・資産運用に興味のあるお医者さん
・【医者のポイント活動】でどれくらい利益が出るのか気になる人

「結論」
・【医者のポイント活動】は医者ならしなきゃもったいない
・年間で約30万程度のAmazonポイント
では本題に行きましょう。
スポンサーリンク

<今回の記事と関連がありそうな記事一覧>

医者の資産運用の重要性

 

これだけはやれ!医者の資産運用

 

 

単利を複利に変えるためにポイ活分を全世界株に。

 

ポイント活動とは

一般的なポイント活動について

まず始めに、ポイント活動についてざっくりと説明すると、クレジットカードの利用やポイントのサイトで条件をクリアする事でポイントを獲得する活動になります。

みなさんの身近でわかりやすいのはクレジットカードでしょうか。masaもクレジットカードの普段遣いで【楽天カード】を使用して楽天ポイントを貯め、そのまま【楽天証券の積み立て】に利用設定しています。

楽天関連だけでも合計で月に2000円程度積み立てて投資に回すことが出来ています。

 

ただ今回おすすめするのは後者の方のポイント活動。つまり【ポイントサイトでポイントを貯める】活動です。

こちらは一般的にはコストパフォーマンスが低いと言われています。つまり、労力に見合っただけの対価がえられず、なおかつスキルがあがる訳でもないので単価が上がっていくことはないので、

そんな事に時間を使うくらいなら自己投資に回した方が良い

と言われることが多いです。

しかし、
masa
masa

【医者の】ポイント活動となるとひと味もふた味も違います。

医者のポイント活動について

先ほどポイント活動の説明で、【ポイントサイトで条件を満たすとポイントのが貯まる】と言いました。

 

では医者のポイント活動はどんな条件を満たす事でポイントが得られるのでしょうか

masa
masa

これが大事ですよね?

労力自体はほぼかかりません広告を1つクリックする毎に1-5円が得られるものや、製薬会社の薬紹介ページを見るだけで5円程度得られるものといった一瞬で終わるものから、30分-1時間程度の講演会を聞く事で150-300円のポイントが得られるものがあります。

1クリック1円と聞くと、やっぱりたいしたお金にならないんじゃないの?と思うかもしれませんが、今のはあくまで一つのサイトだけの話です。

【医者がポイント活動】を出来るサイトは複数あって、塵も積もれば山となります。最後に紹介しますが、実際masaは2020/6から2021/6まででかなり多くのポイントを貯めて生活費を浮かすことに成功しています。

少し興味が出てきた方もいるのではないでしょうか。

 

もちろん当直などと比べると効率は悪いですが、体への負担・本業への影響を考えれば無理ない範囲で取り組めばデメリットもほとんどないと思いますよ。

 

 

masa
masa

実際masaも医者が利用できるポイントサイト全てを登録している訳では無く、スケジュール上で無理がない範囲で取り組んでいます

講演会を除けば一日30分程度でしょうか。1日30分で月数万円の小遣いを得られるとすれば、小遣い制のお父さん医師にとっても悪い話ではないと思いますよ。

 

masa
masa

【医者のポイントサイト】は見た目上は薬などの情報があふれているので、あたかも勉強している様には見えますから、妻へのカモフラージュにも適していますね!

では次のページからより具体的にメリット・デメリットをお話ししていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました