【初期研修成績優秀者が語る!】おすすめ初期研修病院とJAMEPのテストについて【苦労している研修医へのメッセージも!】

スポンサーリンク
医者看護師夫婦からの後輩へのアドバイス
この記事は約13分で読めます。

こんにちわ。

masaです。今日はおすすめの初期研修病院について話をしていきますね。とはいってもたくさんある研修病院の「ここがおすすめだよ!!」ってのはマッチング(という研修病院を決める人気投票みたいなもの)の順位を見てもらえればと思うのですが、今回はmasaが考える人気、そしておすすめできる初期研修病院の特徴について記事にしてみました。

 

なので医学生さん向けの記事になります。最後には今まさに初期研修を行っている先生方へのメッセージもありますので読んでいってくださいね。

今日の記事は、
初期研修先を探している医学生、自分の選んだ初期研修病院に自信を持てない初期研修医の方
に是非読んでいってもらえれば嬉しいです。
では始めに、本日のまとめです。
「今日話す事」
・おすすめの初期研修先の選び方
「見て欲しい人」
・初期研修先に悩んでいる医学生
・悩みながら研修を送っている初期研修医
「結論」
・QOLを重視するのも大事
・JAMEPの試験は構える必要なし
・2年間を乗り切ることが超大事
スポンサーリンク

今回の記事と関連がありそうな記事一覧

内科勤務医の勤務スケジュール

初期研修の資産形成の実際

学生への初期研修目線へのブログ記事

では本題に行きましょう。

(前提)初期研修病院とは

このブログの記事を読んでいる人なので、医者の初期研修とは何かを理解している人が当然多いとは思いますが、簡単に補足しておきますね。

 

masaを初めてとして医学生はみんな6年間の長い長い学生生活を終え、卒業試験+国家試験を超えると晴れて

私、お医者さんです!

と名乗れるようになります。ただ当然の様に座学と実際の現場の世界は違うので、これだけでは資格を持っているだけの人。そこで国は【初期研修期間】という研鑽の期間を2年間設定しました。この時期の医者が【泣くな研修医】などの本でも話題になった【初期研修医】になるんですね。

masaも読みました。面白かったです!

一言で言ってしまえば駆け出し期間のお医者さんの事です。

ただ、医者という職業の難しい所は、駆け出しで見習いであってもお医者さんはお医者さん。つまり、普通に「医師です」といって患者さんを診療しなければならない、んです。そりゃそうですが、「私見習い中です!」というお医者さんに診療されたい患者さんなんて居ませんからね。

脱線しました。

この初期研修を送る病院を【初期研修病院】と呼ぶのですが、実はどの病院でも良いわけでなく、こちらも国が定める「研修指定病院」での研修を送る必要があります。とはいっても、全国各地にそれこそ山の様にあるので、どの病院が自分の初期研修を送るのにベストになるか、医学生は慎重に見極めて進路を選択します。

そのために重要なのが病院見学という訳ですね。詳しくは以下の記事を参照してください。

人気の初期研修病院とは?

始めに書きましたが、有名だったり医学生からの人気病院の具体的名称はネットで調べたらでてきますね(たとえばこちらのサイトで昨年のランキングは見られます)。

ただ注意が必要なのは、リンク先のサイトを見れば分かりますが概ね(無条件で)都会の病院が人気となっている所です。これは人間心理としては「そりゃあ田舎より都会がいいでしょ!」という俗世的な面も大いにあります。

 

masaもどちらかというとそのタイプの人間ですからね。

ただ、実は都会が好まれる点は別の側面もあって。医者になって自己研鑽を積んでいると、どうしても病院内の勉強会だけでなく、その分野で有名な先生の講演や勉強会を聞きに行きたい!という思いが芽生えてくることがあります。その大きなものが学会ですね。

そして残念ながら、そういった勉強会は交通のアクセスが良い都会で行われることが多いです。最近はコロナの事情もありオンライン開催が増えてきましたが(移動にめんどくささを感じてしまうmsaaとしてはウェルカム!なのですが)、それでも現地で実践して学ぶ類いのものは代替することが出来ず、現地集合となります。そうなると、やはり都会で研修・勤務を行っている人の方が有利な側面が出てきますよね。少ない休みをやりくりしてまで勉強会に参加する訳ですから、移動にかなり時間がかかる場合はハードルが高くなってしまいます。。。

あとはこれはまた別の機会に書きますが、後期研修(専門医を取るための研修)のことを考えて都会での研修を選ぶ事はあります(これは最近出てきてしまいました・・・)。また後日書きますね?

ここまで書くと、初期研修病院で人気なのは都会の病院!ということになってしまうのですが、もちろんそれだけで決められる程簡単ではありません。次の項で詳しく見ていきましょう。

そして注意が必要なのは有名病院=おすすめ病院ではない、という事です。実際「●●大学病院」などの大学病院は一般の人が誰でも知っている有名病院に値しますが、初期研修先として誰にでも勧められるか、といえばそんな事はありません。個人的な意見を言えば、学生の頃から進みたい進路が決まっていて、「この専門医になりたい!!」ということでなければ、大学病院よりも市中病院の方が症例を曝露することが出来るので良いのではないかと思っています。

あくまで一意見ということで、参考までに。

おすすめ研修病院の見極めポイント(細かく)

masaの個人的な意見ですが、【病院見学の注意事項】の記事(こちら)でも触れたポイントも含めて、初期研修先としておすすめの研修病院の条件を紹介していきます。

 

*立地
まずは立地。理由は先ほど紹介した通りです。それに加えて追加すると、たまに「○○病院に行きたいから、はるばる出てきました!!」という学生さんもいますが、ちょっと落ち着きましょう。何故かと言うと、全国には本当にたくさん病院があります。

 

もちろん中にはおすすめ出来ない病院もありますが、各地方にかならず1つはおすすめ出来る研修病院はあります。「一人暮らしも全然問題ないですよ!」という方は問題無いのですが、少し地元を飛び出すのにハードルがある(メンタル的にも家族の問題でも)学生さんは、近い初期研修病院を探すのでも全く問題ないと思います。

実際masaの同期に、思い切って地元を飛び出してメンタルをやんでしまった医者もいます(今は復活していますが)。やっぱり人間にとって環境が変わるって、凄く大きい。そもそもが社会人になり、医者になり、ただでさえ負担が大きい所で慣れてない土地で暮らす。このハードルの高いこと。。。

初期研修先を選ぶ時には「やってやるぞ!!」と気合いが入っている学生さんが多いと思いますが、少し落ち着いて、研修を無事に終了するためにも、立地も重要なポイントに上げてくださいね。

何度も言いますが、

【2年間研修を終了すれば、どんな研修であってもあなたの勝ちです】
ただでさえコロナ禍で大変なこの時期、Bestの初期研修を願うのではなく、2年間無事に終えることを目標に挙げるのも一つの選択肢だと思います。

 

*当直明け帰れるかどうか?

これは初期研修中のQOLの面で超重要になってきます。当直について詳しくしりたい人は(初期研修とは違う部分もありますが)こちらの記事を見てください。

さて、その記事でも紹介していますが、masaも当直明けで勤務するのが普通の状況で初期研修を送ってきましたが、残念ながら寝ない当直を過ごした明けの脳で、その日充実した研修を送れるかというとはなはだ疑問です。あ、体験としては無理です。なんなら明けの明けの日まで引きずります

もちろん一意見としては当直明けで帰るシステムにしてしまうと「研修」つまり「勉強」する期間が短くなってしまう、という欠点もあるのですが、2年間研修を完遂する、という意味でいくと見学先の初期研修の先生に

この病院、当直明けは帰れますか?

と聞くのは大事な点かな、と思いますね。明けで帰って良いとして、体力の余裕があれば残って研鑽をすれば良いわけですから。

 

*院内勉強会
先ほど勉強会に参加するのが大事、という話をしましたが、近隣どころか院内で勉強会が行われていれば、移動の時間考えなくてもいいですよね? もちろん大規模の勉強会を毎日やってる病院はありませんが、朝や昼に勉強会・レクチャーをやっている病院は全国各地で増えてきています。レクチャーの質はありますが、教育熱心な病院かどうかは確認してみるのが大事かなと思います。

後は追加すると、そのレクチャーに研修医が出る余裕があるかどうかも大事です。開催はされているものの、研修医が忙殺されていてレクチャーに参加出来ないと意味が無いですからね。

また、これは他の病院の先生から聞いた話ですが2年目の研修医が1年目の研修医に教える、いわゆる屋根瓦敷きのシステムが染みついている病院の場合は、教えざるを得ないという焦りからしっかり勉強するので良かった、という意見もあるみたいですね。参考にしてみてください。

 

*研修医のタイプ
ここは個人的にはmasaが一番大事かな、と思う点。研修病院は、ある人にとってはめちゃくちゃ良い研修病院だったとしても、別の人にとっては全然良くない研修病院、って事がありえます。わかりやすく言うと、体育会系の体を動かすのが好きなタイプの研修医と、文学系の知識を入れるのを優先したいタイプの研修医ではベストの病院が違う、ってことですね。

なので、masaのおすすめとしては病院見学に行った時に自分と似ている研修医を探し、その研修医が上手く、楽しそうに研修出来ているかを確認することです。そうすれば、その研修医と似たタイプである自分も良い研修ができるかも、という考えです。

masaの先輩に教えてもらった病院探しのルールで、後輩にも語り継いでいる研修先探しのルールなのですが、今の所結構好評です。

是非参考にしてみてください。

*給料

お金かよ・・・

と思った学生さんもいるかもしれませんが、そのマイナスイメージは全て捨ててください。皆さんの初期研修中のテキストや勉強会の参加費用はここから出るんですよ?仮に皆さんの初期研修中の給料が少なければ、自己研鑽のテキスト購入費も節約しながら買わなければなりません

初期研修先の選定で給料を度外視して研修先を考えている人は、もう一度考え直してみてください。

つまり、masaの考える良い研修先の条件

勉強会参加のために公共交通機関のアクセスが良く、関わりのある地方の病院で
当直明けは帰りたければ初期研修医の意思で帰ることができて
院内の勉強会が開催されている上に参加している初期研修医も多く
少なくとも勉強会や参考書を購入するのに躊躇しない程度の給料がもらえる

という事になります。これから病院先を選ぶ学生さんの参考になれば嬉しいです。

~2021/9/25- 追記~
*医学雑誌へのアクセスにおける院内設備
これは学生の時には忘れがちで、実際に働き出すと思う事ですが、一言で言えば医者として(きちんと)働く上で必須とも言える海外の文献にアクセスする術が院内にあるかどうかです。

 

ざっくり言えば、論文へのアクセス権が配備されているか、ですね。

具体的にはUpToDateやDynamedの国際ガイドラインと言い換えても良い情報データベースや、NEJM,JAMA,BMJなどの権威のある医学雑誌の情報を調べる時に、見学先の研修医・勤務医がどうしているかを見るのが大切です。

と、いうのも、これが病院単位で完備されている場合は、それを元に研修医への指導を行うので、ある程度医学知識が担保されます。

それだけ指導が期待出来る病院、ってことですね。

そして、単純にこれらのデータベース利用は個人で契約するとめちゃくちゃ高い。一番良く利用するUpToDateでも3年で1299 米国ドルかかります。ざっくり年間4-5万円です。レジデント割引やグループ割を利用すればもっと安くなりますが、これを研修医個人負担とするのか、病院側の持ち出しにするのか。見学先の病院がどちらのスタンスかを確認するだけでも、その病院の研修医への姿勢が少し分かるかも知れませんね。

JAMEP:基本的臨床能力評価試験について

なんかいきなり知らない単語が出てきましたね。これは国が初期研修の質を担保する、ならびに病院毎の初期研修医の質を評価するために年に1回研修医に受けさせている筆記試験です。詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。初期研修中の先生は、どんな試験が出るのかドキドキしているかもしれません。

実はmasa、この【基本的臨床評価試験】で全国10位以内に入った経験があります。初期2年目の時です。ただだからといって「めっちゃ勉強頑張りなさい!!」というつもりはありません。

正直なことを言えば、masaも受けている時は「そんな時間あるなら休みたいor患者さん見に行きたいor業務したい」と思いながら試験を受けていた覚えがありますしね。医学が実学な面がある以上、座学だけでは語れない部分が大いにあるのでこれだけで医者の能力を判断できるかは疑問の余地があります。

ただこの試験に対する勉強をする必要はなくて、真摯に初期研修を送る中で出てくる疑問に向き合っていれば自然と蓄えられる知識が、そのまま試験対策になったと記憶しています。いわゆる良問が多かった、という印象ですね。

研修先を迷う学生/研修中の初期研修医へのメッセージ

まずは、初期研修先はあくまで環境の一つに過ぎません。結局研修するのは人なので、どこで研修したって同じ、という意見の先生もいます。絶対にここじゃなきゃならない!って研修先はありません。マッチングまで真摯に向き合い、見学をして面接を受け、たどり着いた先で出来る限りの努力をすれば、皆さんの初期研修は必ず素晴らしいものになるはずです。
今の医学生さんはモチベーション、という面ではもう言う必要がないと思うので、「研修中のQOL」という面も忘れずに注目して研修先を選んでくださいね。立地と給料、当直明けの勤務

マッチング申請の前にこの3つは再確認しておきましょう。

 

そして最後に、今必死に研修を送っているmasaから初期研修医の人達。
新型コロナウイルスの流行という先が見えない中、元々期待していた研修が送れていない先生も多くいると思います。どうか、健康に気をつけてください。繰り返しになりますが、2年間の初期研修、どんな形であれ修了することが出来れば貴方の勝ちです。そして、この2年間は長い医者人生を考えればたかが2年でしかありません

 

masaもキャリアに焦る中、尊敬するメンターに言われました。

道を決めることを焦る必要はない。周り道に見えたり、停滞しているだけに見える時間が自分にとって大事だと後になって分かることもある

 

皆さんの焦りや不安も時が解決してくれます。その時まで真摯に、でも自分の体調を最優先に患者さんに向き合っていきましょう。

後書き

いかがでしたでしょうか。少し脱線した部分もありますが、masaの考えるおすすめの初期研修病院の条件、というテーマで記事を書いてみました。初期研修先を悩む学生さんの手助けに少しでもなれば幸いです。
最後にもういちど、本日のまとめです。
「今日話した事」
・おすすめの初期研修先の選び方

「見て欲しい人」
・初期研修先に悩んでいる医学生
・悩みながら研修を送っている初期研修医

「結論」
・QOLを重視するのも大事
・JAMEPの試験は構える必要なし
・2年間を乗り切ることが超大事
以上になります。ではまた次回の更新でお会いしましょう。
良い病院を見つけた後の試験、マッチング対策についてはこちらの記事をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました