【同期と差をつけろ!】マネーリテラシーの低い初期研修医が未来のためにすべきこと【まとめページ】

スポンサーリンク
医者・看護師夫婦の資産運用
この記事は約11分で読めます。

こんにちわ。

masaです。
このページは「そもそも医者は資産形成のために一体何をすればいいの!?」となった方へ、masaが初期研修スタート時に戻れるならコレをする!!っと、医者の勉強に加えて【資産形成】の点ですべき事をまとめたページです。
以前まとめた記事はこちら。

 

 

資産形成について右も左も分からない方の参考になれば

記事のリクエストや分かりづらいことがあれば、アンケートフォームから連絡ください。

スポンサーリンク
  1. <今回の記事と一緒に読みたい記事一覧>
    1. 初期研修医の期間はお金が貯まるのか?
    2. 勤務医が資産運用をすべき理由
    3. まずはこれから。ポイ活で年間30万円分
  2. 大前提:医者として長く働く
  3. Step:1 知識編:全て分かれば初期研修医卒業
    1. 【医師がマネーリテラシーが低いことを自覚せよ】
    2. 【なぜ投資が必要なのか? 研修医から投資を始めよう】
    3. 【とはいえ貯金。何においてもまずは貯金】
      1. 貯金のStep1 家計簿をつける癖をつける
      2. 貯金のStep2 収入の1/10を貯金せよ!
      3. 初期研修中にいくら貯金が貯まるか?
    4. 【税金を如何に抑えるかが分かれ目になる!?】
    5. 【さぁ、投資のその前に。鵜呑みにせず自分で出来る知識をつけよう】
  4. Step:2 実践編:全て出来れば後期研修医卒業
    1. 【まずはこれをやれ!医者の出来るポイ活】
    2. 【やらないのは情報弱者のみ!? ふるさと納税】<今後記事修正予定>
    3. 【クレジットカード、キャッシュレス決済の活用でポイントをしっかり貯める】<記事作成予定>
    4. 【ネット銀行を開くこと】<記事作成予定>
    5. 【証券口座を開くこと】<記事作成予定>
    6. 【まずは積み立てNISAから】<記事改訂予定>
    7. 【積み立てNISAの次のStepはiDeCo。】<記事改訂予定>
    8. 【積み立てNISAとiDeCoが終わったら。投資信託】<記事改訂予定>
    9. 【日本人は好きだけど、そもそも医者に保険って必要? 入るべき保険について】
  5. Step:3 応用編:ここまでやれば専門医(しなくてもOK)
    1. <日本個別株投資>
    2. <結婚相手も超大事>
    3. <家族が増えた時:ジュニアNISA>
    4. <米国株個別投資>
    5. <株主優待について>
  6. *後書き

<今回の記事と一緒に読みたい記事一覧>

初期研修医の期間はお金が貯まるのか?

 

 

勤務医が資産運用をすべき理由

まずはこれから。ポイ活で年間30万円分

 

大前提:医者として長く働く

 このブログではどうしても「医者として働く」ではなく株式投資を利用して「お金に働いてもらう」ことをテーマにしがちですが、きちんと医者としても働いていますし、せっかく長い勉強の時を過ごして獲得した【医師免許】を腐らせておくのはもったいありません。まずは医者として働く、その礎になる2年間をしっかり過ごしましょう。
そのために、必要なことはもちろんたくさんあるのですが、今日は「資産形成の面で」
【医者としてきちんと働くためにすべきこと 2年クリアすればそれでOK】
 ・ハードな仕事
 ・責任が問われる仕事
  → 何科に進んだとしても、それは意義のある仕事。医者として働いている時点で、人に感謝される仕事をしているのでそれをつきつめるべき。

Step:1 知識編:全て分かれば初期研修医卒業

【医師がマネーリテラシーが低いことを自覚せよ】

 医師は金銭的に無知+高収入なので、悪徳業者に鴨にされやすい。まずは、エリート街道を歩んできた自分が狙われる立場であることを自覚することがfirst step!
 また、先輩医師達を見ると給料の額が多くて驚く(実際masaも後期研修医から給料が急激に上がりました。)けど、同年台の他の職業の方の平均年収を確認して、医者と世間とのズレを確認しておくのが大事。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください(マネーリテラシーチェックもあります!)

 

 

【なぜ投資が必要なのか? 研修医から投資を始めよう】

本来高収入の医師は投資なんていらないのでは?

そう思った貴方の考えは古い! 詳しくはこちらの記事を参考に。

 

【とはいえ貯金。何においてもまずは貯金】

 ただこれだけ投資投資をアピールするブログですが、投資にはリスクがつきもの。優秀なリターンに比べればリスクは微々たるものですが、無知な状態、そして予備の資産がない状態での投資は無謀です。まずはしっかり貯金して、投資で短期的に失敗しても大丈夫な家計を築きましょう。

貯金のStep1 家計簿をつける癖をつける

 高収入な医師は自分のお金の流れを理解するだけでかなりお金の貯まる早さが変わります!
 詳しくはこちら。

 

 

 奥さん目線の家計簿に関する記事はこちら。

 

貯金のStep2 収入の1/10を貯金せよ!

 → バビロンの大富豪の教えでは【収入の1/10を貯金せよ】
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

1/10では物足りない人は、貯蓄額ではなく貯蓄率を意識しましょう。詳しくはこちらの記事を参考に。

初期研修中にいくら貯金が貯まるか?

何にもしなくても医者はお金、貯まるでしょ?って思った方。また、masaが実際に初期研修でいくら貯まったかについてはこちらの記事を参考に!

 

 

【税金を如何に抑えるかが分かれ目になる!?】

【さぁ、投資のその前に。鵜呑みにせず自分で出来る知識をつけよう】

ブログで言うことではありませんが、今の時代、ブログ、Youtubeでひととおりの情報は手に入りますが、基本的な部分を身につける上では本という情報商材から情報を得ることをおすすめします。
医師免許を取れるだけの頭があれば、絶対に投資の仕組みは理解できる。難しい事をする必要はない!masaが参考に読んだ本はこちら!

 

 

Step:2 実践編:全て出来れば後期研修医卒業

【まずはこれをやれ!医者の出来るポイ活】

 → 下記の記事を読んで、年間30万円をポイ活で獲得しましょう!

 

 

【やらないのは情報弱者のみ!? ふるさと納税】<今後記事修正予定>

 → 高所得者(給料が高い人)に厳しい制度が多いですが、ふるさと納税は唯一といってよいくらい、高所得者に優しい制度!活用しないのは本当に損ですよ!
ふるさと納税は稼げば稼ぐほど得する制度。食料品だけでなく、トイレットペーパーやティッシュペーパーなども頼むことが出来るのでおすすめ

【クレジットカード、キャッシュレス決済の活用でポイントをしっかり貯める】<記事作成予定>

【ネット銀行を開くこと】<記事作成予定>

【証券口座を開くこと】<記事作成予定>

 → 富の宝庫になる証券口座。今後はおそらく投資を為ている人としていない人との差がどんどんひろがっていく世界になると思われます。たとえ医師であっても、今後給料水準は医者不足解消に伴い徐々に下がってくるといわれていますから、一般の人よりもちょっと給料がいい職業、程度の意識でいてもらうことが言いと思います。

【まずは積み立てNISAから】<記事改訂予定>

 

 

【積み立てNISAの次のStepはiDeCo。】<記事改訂予定>

 

【積み立てNISAとiDeCoが終わったら。投資信託】<記事改訂予定>

 

 

【日本人は好きだけど、そもそも医者に保険って必要? 入るべき保険について】

日本人の多くは不要な保険に入りがちと言われています。そもそも、医者に保険は必要なんでしょうか? 明確な答えが出せない方は、こちらの記事を。

 

 

Step:3 応用編:ここまでやれば専門医(しなくてもOK)

<日本個別株投資>

 

 

<結婚相手も超大事>

 結婚は相手選びを間違えると、資産形成のレースから1歩後退どころか、完全に撤退することになりかねません。masaは本当にいい奥さんに巡り会えたと思います。
結婚に関する記事はこちら

 

 

今でこそmasaの妻もNISA、iDeCoをし、二人で投資を行っていますが最初は投資=危険なもの、という理解でした(保険大国日本ではそんなものですね)。
masaがいかに妻へ投資は危険じゃ無いよー、とアプローチを行ったか、まとめた記事はこちら

 

 また、奥さんが専業主婦になるか、時短でもいいから勤務を続けるのかも家族の資産形成の点では超重要。専業主婦とそうでない方とでは2億円近い経済格差が出る、なんて本を書いた方もいますから。
 奥さんが勤務を続けるのに、家事・育児の援助は不可欠です。詳しくはこちらの記事を。

 

<家族が増えた時:ジュニアNISA>

積み立てNISAやiDeCoで投資による資産の値動きになれ、子供が生まれた家計ではジュニアNISAも検討してみては?下記の記事にmasaの葛藤をまとめました。

 

 

 

<米国株個別投資>

今話題の米国株について。投資信託ではつまらない!個別株を触りたい!という方にはmasaのこちらの記事を参考にしてみてください。

 

<株主優待について>

投資に親しみのない方に親しみをもってもらうきっかけとして、株主優待はパワーがあります。
こちらの記事を詳しくはチェック!

 

 

*後書き

いかがでしたでしょうか。
まだ未完成ページですが、少しずつ読みやすい様にまとめて行きます(適宜更新していきます)。目標は、資産形成について右も左も分からない研修医の人が、医学に必死な傍らあまり寄り道しないですむように、分かりやすいページを作ることを目標にしています。
ご意見あればいつでも。完成を気長にお待ちください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました