パンの香りで起きる朝【Panasonic ホームベーカリーSD-MDX102】使用レビュー【我が家は毎日使用】

スポンサーリンク
医者看護師夫婦からの子育てアドバイス
この記事は約5分で読めます。

 

みなさんこんにちは。
masaの妻です。

本日は我が家で毎日活躍してくれている
ホームベーカリーをご紹介したいと思います。

パン好きの方はぜひ読んでください✳︎

 

スポンサーリンク

ご紹介ホームベーカリー

我が家で使用しているホームベーカリーは

Panasonic さんの SD-MDX102です。

パナソニック 1斤タイプ ホームベーカリー メニュー数41種類 マニュアル機能搭載 マイねり機能搭載 SD-MDX102-K ブラック【送料無料】【KK9N0D18P】

 

 

こちらはあの高級食パンで有名な乃がみさんの食パン🍞が作れるシリーズとなっています。
我が家は2年ほど前に購入させていただいたので、現在Panasonicさんでは新しいホームベーカリーが発売されています。

想像以上にお値段しましたが、💸毎日使用しているのと、
おいしいパンが食べられるので後悔は一切なく購入してよかった家電の一つとなります。

作れるパンの種類

 

ホームベーカリーって食パンが作れるイメージしかありませんでしたが、
購入前調べていると、なんと100種類のパンが作れるのです!!!!!!

パンが好きでよくパン屋さんに行く私は家でもパンが作れたら嬉しいなと思い購入に至りました。

パン屋さんに行くとある
メロンパンやカレーパン、クロワッサン、バターロール、ベーコンエピ、シナモンロールなど
さまざまなパンが作れるのです👏🏻

しかもパンだけでなく うどん・パスタ・もち・甘酒・ジャムなども作れちゃいます。

これは購入の際本当にびっくりしました😆

自宅でこれだけのレシピが作れるなんて、お店開そう💓
、、、なんて。

しかしこれらの手の込んだパンは、
ホームベーカリー本体からぽんっとパンができるのではなくパン生地を作成した後
材料を加えて寝かしたり、、、とたくさんの行程が必要となります。
レシピ本がついてくるので、いろいろ作りたい という方はぜひ作ってみてください。😋

 

しかし安心してください。
私も子育てしながらだとなかなか手の込んだパンを作ることができていません🤭
しかしホームベーカリーを毎日使用しているのは
オートメニューもあるからなんです。

そこまで時間とれないよと忙しい方は、、

材料を入れてスイッチを押すだけで作れるメニューを使用するだけでも購入価値はありますよ⭐️

パンを作る工程

先ほどお伝えしたように、休日程度しか手の込んだパンを作れていないですが、
毎日使用しているのは食パンをオートメニューで作っています。

作り方はとても簡単😙

1、材料を入れる

2、メニューを選択しスタートボタンを押す

以上です!!!笑

 

ホームベーカリーの種類によってはドライイーストと呼ばれるパンを膨らますための材料があるのですが、そちらを手投入しなければならず、その手投入する時間に起きなければならなかったりするので
手間を省きたい方は断然 ドライイースト自動投入できる種類をご検討ください。

このホームベーカリーでは
自動投入してくれるかつ予約機能もあるので寝る前に仕込んでおけば
朝パンのいい香りで起きられます🤗

↑こちらは食パンよりもやや甘い パン・ド・ミを作った写真です。

中はふーわふわ🤤
市販の食パンよりかなり美味しい。
我が家ではホームベーカリーを購入してからジャムをつけて食べることは滅多にしなくなりました。
それだけ美味しいのです!

ホームベーカリーで作った
ミルクジャムもとーーってもおいしかったけどね。
練乳みたいな味。

 

普通の食パンに飽きたら レーズンやなっつ、チーズを入れたパンも作れるので
幅が広がりますね。

ちなみにこのパン、材料はシンプルで安心なので
離乳食を食べている我が娘にも与えています。

添加物が入っていないのが安心ですね。

娘もパン好きに。

 

まとめ

 

いかかでしたか。

おうちでおいしいパンが食べられるのはとても幸せなのです。
パン好きの方 ご自分のクリスマスプレゼントにいかかでしょうか?

これからの時期はホームベーカリーでピザも作れますよ🎄

パナソニック 1斤タイプ ホームベーカリー メニュー数41種類 マニュアル機能搭載 マイねり機能搭載 SD-MDX102-K ブラック【送料無料】【KK9N0D18P】

以前に一度ホームベーカリーについてまとめた記事はこちらです。こちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、この度Youtubeをはじめました。看護師をしながら(今は育休中ですが)医師の妻としてサポートをしてくれる大変さが動画にされていく予定です。

妻は媒体が動画の方が好きみたいなので、2022年はmasaがブログ、妻がYoutubeを中心に情報発信していこうと思います。

2022/1現在の最近の動画はこちらです。

是非ご試聴・コメントいただければ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました